BOSSの会社の秘書日記

BOSSが偉大なるBOSSになるまでの記録です

SNSマーケティングの共通事項

目標の設定

大きな目標を決める

例:認知度、好感度、購入意欲などの向上。分析数値の具体的な数値目標など

達成度調査のためのアンケートを年に1回行う

フォロワー向け、フォロワー以外向けに分け、SNSの広告で告知する

 

大きな目標を達成するための小さな目標を決める

 

ターゲットの設定

 

ペルソナの設定

既存の顧客の情報を元に、商品を購入しうる顧客像を描く。

自社に都合のいい顧客像を作り上げてはいけない。

ペルソナを明確にすることで具体的なプランニングができ、顧客目線の

例:プロフィール、社会的な立場、行動パターン、情報を得る媒体など

 

購買モデル

①認知

フォロワーを増やす

  • 広告
  • 自社に興味を持ちそうな人を積極的にフォローする
  • 自社資産でのPR(名刺、ノベルティ、自社サイトなど)

 

②興味・関心

さらに深く理解してもらう活動(日々の投稿、キャンペーン、インフルエンサーの起用)

  • 1日に数回投稿する
  • イムリーな投稿
  • 季節感のある投稿
  • 話題のニュースに絡めた投稿
  • ユーザーが共感しやすい投稿
  • ユーザーに喜んでもらえる投稿(豆知識や有意義な情報)
  • ユーザー参加型の投稿(アンケートやクイズ形式、答えにくい問いかけはNG)
  • 時にはユーザーをびっくりさせる投稿(バズる可能性があり、フォロワー以外にも目につく)
  • 目につきやすい投稿(アルゴリズムを把握する)
  • ハッシュタグを活用してリーチを増やす
  • 広い意味を持つ言葉、自社のブランド名や商品名、季節感のある言葉、ユーザーのメリットになる言葉、場所や地域名、乱用は悪い印象を与えるので注意
  • 自社独自のハッシュタグをつくる
  • 覚えやすいワードだと浸透しやすい
  • トレンドをチェックし自社との関連性があるものにはうまく乗る
  • フォロワーへのリアクションを迅速に行うことで関係性が深まる
  • 自社についての投稿をしているユーザーを探し積極的に交流する(エゴサーチ
  • キャンペーンを行い、獲得フォロワー数やエンゲージメント率などの目標達成度とかけた費用に対しての効果を測る
  • 自社アカウントへアクションしてもらうことを条件にする
  • キャンペーンのプレゼントは万人受けするものでなく、自社のフォロワーやペルソナが喜ぶものにする(フォロワーをキープしやすい)
  • キャンペーン後もフォロワーのケアは忘れずに
  • 禁止事項を随時確認し規約違反をしないようにする(
  • 既存のファンにブランドPRアンバサダーになってもらう(アンバサダー限定イベントなどで自社に対する愛着を高めてもらい、自社のPRをしてもらう。)

③比較・検討

他社との差別化(クーポン配信、他社との違いをアピール)

④購入

購入意欲を掻き立てる(広告)

様々な側面から商品を紹介する

画像を必ずつける

ユーザーが自発的に宣伝してくれる様な企画

 

⑤リピート

購入後の顧客の反応を検索し、必要に応じてコミュニケーションをとる

⑥推奨行動

情報を発信し続ける

 

トラブル発生時の対処法

  • 運用ポリシーや運用マニュアルの作成
  • ダブルチェック体制
  • 触れないほうがいい話題を心得る