BOSSの会社の秘書日記

BOSSが偉大なるBOSSになるまでの記録です

SNSを活用したマーケティングについて①

  • 近代マーケティングの父、フィリップ・コドラー教授「2030年までにマーケティング予算の50%がソーシャルメディアに回されると予測
  • ハッシュタグ検索が主流になるつつある
  • 企業が発信したい情報だけでなく、役立つ情報と共に発信する
  • あからさまな宣伝や情報は飽きられやすい
  • SNSを通じてユーザーと密接なコミュニケーションをとる(共感力を上げる)
  • タイムライン→クオリティの高い投稿
  • ストーリーズ→リアルタイムな情報

 

購買行動モデル

①認知

SNS広告を活用してアカウントにファンやフォロワーを集める

②興味・関心

さらに深く理解してもらう活動(日々の投稿、キャンペーン、インフルエンサーの起用)

③比較・検討

他社との差別化(クーポン配信、他社との違いをアピール)

④購入

SNS広告で購入意欲をかき立てる

⑤リピート

購入後の顧客の反応を検索(ソーシャルリスニング)し、返信し対処する

⑥推奨行動

情報発信を続ける

 

SNSを始める前に決めること

①目標

何のための運用か

どうなれば成功と言えるか

 

KGI(重要目標達成指標)最終目標

Key Goal Indicator

  • 認知度の向上
  • ブランド好意度の向上
  • 購入意欲の向上
  • 具体的な数値目標を決める(アンケートなどで各指標を出す)

 

KPI(重要業績評価指標) 小目標

 Key Performance Indicator

  • KGIの内容で決める
  • ライバルの実績を集計し、平均値(場合によっては中央値)を求め目標値とする
  • 簡単なスケジュールを立て目標期間を決める(大体半年~1年)

 

②ペルソナの設定

  • 自社の商品・サービスにとって最も重要で象徴的なお客様の像
  • 実在する人物のように事細かに設定する
  • 自社にとって都合のいい人物像をつくらないよう注意する
  • 実際に自社の商品・サービスを利用している顧客を調査する
  • Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを活用して自社サイトを訪問しているユーザーを調査する
  • 一般公開されている調査データを参考にする

 

 

③適したSNSの選定

SNSのユーザー層や特徴を把握し、自社のターゲットや商品に合ったモノを選ぶ

 

Facebook

  • ビジネスパーソンのコミュニティ
  • 20~40代の利用が多い
  • Facebookページという機能で企業の開設できる
  • アナリティクスを活用し精度の高いターゲット分析ができる

 

Twitter

  • 10~20代の利用が多い
  • ニュースや話題が頻繁に共有されリアルタイム性が高い
  • 拡散性が高い
  • ハッシュタグ検索やリツイート機能によって、フォロワー以外にも目につきやすい
  • アナリティクスを活用し精度の高いターゲット分析ができる

 

Instagram

  • 女性の利用が多い
  • ビジュアルがメインなのでクオリティが高く世界観をもった投稿が必要

 

LINE

  • ユーザー数ナンバーワンのSNS
  • 公式アカウントやLINE@機能を活用しユーザーに直接メッセージを発信できるなど、個人と企業を繋ぐサービスが充実

 

④トラブル発生時の対処

いざという時慌てない様、運用ポリシーや運用マニュアルをあらかじめ作成する

 

運用ポリシー

  • 一般ユーザーに向けてSNS上で発信していく目的やコンテンツについての行動指針
  • アカウントを運用するスタッフ間で共通の目的意識を持てる

 

運用マニュアル

  • アカウントを運用する際の内部ルールを決めておくと安定的な運用ができる
  • 関係部署などとの連携はフロー図に落とし込むことでスケジュールを進行しやすくなる
  • トラブルを想定した対応方針も決めておく
  • あらゆる事態を想定しマニュアルを作成する